世界農業遺産認定のむら 諸塚村

kagura

諸塚神楽の情報

●諸塚神楽の特徴
諸塚神楽は、宮崎県北部エリアの神楽の中でも異色で、その大きな特徴は他に類のない200体を越す神楽面が残ることである。神楽のはじめに行う「舞入れ」では、神面が一同に並び壮観だ。この諸塚神楽は大きく分けて3つの流派(桂・戸下・南川)があり、各集落の住民の献身的な努力の上に今日まで伝承されている。

~ご参拝いただく方へのお願い~
諸塚の神楽は、各集落の住民の献身的な努力の上に今日まで伝承されている神事です。そこに参加させてもらうという気持ちでご参拝いただきますようお願いします。地元では、お供えとして焼酎(2升程度)かそれに相当する現金を持参する習わしになっています。
 文:高見乾司 写真:狩集武志 鉱脈社刊
 
●諸塚神楽の紹介パンフレットをWEBから見ることができます。
こちらを→クリック(電子書籍ポータルサイト「ミヤザキイーブックス」を開きます。)


夜神楽開催情報

●開催スケジュール 2018年(平成30年)
2018年 1月27日(土)~28日(日)戸下神楽
 会場:戸下集会所 

2018年 2月 3日(土)~ 4日(日)南川神楽
 会場:中尾集会所 

お問い合わせ

〒883-1301
宮崎県東臼杵郡諸塚村大字家代3068
エコミュージアムもろつか しいたけの館21内

 一般社団法人 諸塚村観光協会

(受付時間 8:30~17:00 毎週水曜日定休)

 

TEL:0982-65-0178
FAX:0982-65-0189